タイヤの出す味付け

ステアリングの味を出す要素は何か。それにはもちろんメカ的な硬さ(剛性)も重大な意味を持っている。片方でねじってもどこかで力が逃げてしまったらダイレクトな感触が伝わらない。だからといって全部を金属でつないでしまったら、路面からのショックがビンビン手に伝わりとても悪路など走れない。そのため、どれだけ中間でゴムなどで柔らかくショックを逃がすか、それが現代のステアリング・システムのチューニングの秘密である。トヨタ車の特徴として、このステアリング剛性がある。つまり、トヨタ車は道路が良くなってもう砂利道などめったにないのに、悪路の走破性を大事にする社風がある。道の悪い地方や降雪地で昔から人気があるトヨタ車ならではの特徴でそのぶんサスペンションの継ぎ手も骨太にして抵抗を少なくする傾向がある。そのためか、ステアリングの中央付近のフィーリングがやや柔軟で、つかみにくいところがある。ふつうのセダンではそれほど気にならないが、スポーツカーのとくに上等な部類ではそういうフィーリングを感じるかもしれない。しかし、それもメカニズムとか取り付けのメカ部分だけでなく、かなりの部分はタイヤによるものなのである。実は、現在どの自動車メーカーでも新型車につけているオリジナル・タイヤは、市販されている補修用のタイヤではなく、その車の開発に合わせてベスト・マッチングされた性能のタイヤなのである。つまり、隠し味ともいうべきか。もちろん、そのいい味のタイヤはディーラー経由で買うことができる。←いろいろな設備はこちらのサイトから確認出来ます。



DW033_L