ボクシーな基本フォルムではあるが

挫璽童は1996“で、ボア×ストロークは醜、×田、とオーバースクェアの設定であるが、これは当時のコベントリー・クライ
はDOHC/型バルブで、古自旦黙域での信穏性を得るためにカムシャフトはギヤ駆動であ
る。レーシング・シャシーに櫓駁するため、潤滑はドライサンプ、そしてイグニッション
はフル・トランジスター点火システム券録注用している。出力は、切關型で200PS/8000rpmとリッター当り出力100PS/0童達成し、鳥蕊塑では220PSにまでアップしている。

高く売りたい車があれば、←まずはこちら!

R380は出刀的にはボルシェ904はもちろん、その後のカレラ6を上回っていたが、
ボルシェの鐸琴呆受ンジンよりはR380のパワーュニットの重箪などが重く、カレラ6
が約600昭であったのに対しR380は約700昭であった。鍔蕊塑のR380Ⅱでも、
雷蛍は650幅ていどといわれている。

なおR380は砺年に登場し第3回日本グランプリで傷勝した翻湖型がR380Al1、
駈年の第4向同察クランプリに出場し、ボルシェ・カレラ6と戦ったモデルがR380Al2(通祢R380lⅡ)と呼ばれている。
ンジン春搭戦した咽0モデルのみである。200OGTモデルは、これより2カ月後に発
売された。200OGTは1500セダンに対してホイールベースが150m長く、デザ
イン的にもロングノーズになっている。スタイリングはエアロ・ダイナルックと名付けら
れている。ボクシーな基本フォルムではあるが、ボディサイドに轄鍵呼明なプレスラインが
刻まれ、これにはサーフラインという名がつけられてスカイラインのアイデンティティの
ひとつとなっている。

EC056_L