直進性は車にまかせて走る

トヨタ車に限らず、一般的には直進している時は前輪のメカニズムでまっすぐ走ってくれる車が運転が楽である。今の車はパワー・ステアリングが標準化されてきたのでセルフ・アライ’一ング・トルク(自分で直進する力)が強くできるようになった。最近ではFR車はヨーロッパ車並みにキャスター角を増やし安定を良くして、もともと直進性が優れているFF車でもそれを強調している。そこで言っておきたいことは、直進している時にはできるだけ車に直進をまかせて「ハンドルを動かさない」ことである。とくに高速道路では、勾配や外乱(路面から受けるショック)などで方向が狂うぶんを抑えておく程度でいい。なぜ、このようなことを言うかといえば、トヨタの上級のFR車のドライバーには、この直進の中立位置でハンドルを無意識に左右に振って走る人が多い。自分では直進するように調子をとっているつもりなのだろうが、そのわずかな動きが今の遊びのないパワ・ステとラジアル・タイヤでは舵になって蛇行している。日本人がアウトバーンなどを超高速で走るとフラつくのはこの癖に気がついていないからだ。教習所の低速練習以来、まだ低速民族を脱していないと言える。これが、FF車になるとまだ救われる。FF車では加速している限り、前の2輪が中心を求めているから自然に直進する手応えがあるはずだ。ただし、これに逆らってハンドルで調子をとろうとすると、それはもう緩いカーブを切っているのと同じになり、ラジアル・タイヤの特性で敏感に進路を変えている。おそらく、手を緩めればもとの直進に戻るはずである。←こちらのサイトでいろいろな情報を見ることができます。


DW004_L