高いコストのエンジン

このS加型エンジンはスペックからみてもそのままレーシングエンジンとして使用でき
るだけの、それだけに市販エンジンとしてじゅうぶんすぎるほどの余裕が与えられたオー
バークォリティな設就が行われている。また材料も、当時入手できた驫利最高の材料が
積極的に採用されていた。

車の世界を見たいなら←こちらへどうぞ。オススメです!

いつほ乳祥罷砿菖票嘩先したエンジンであるため、ボート由回の研磨加工、各バルブご
とのインナーシムによるバルブクリアランス鯛整など多くの工数を要するため、この当蒔
では量産には不向きであり、それだけ高いコストのエンジンであった。
圧縮比蛎恥1で、量周出力160PS/7000rpm、最大トルク-8.0焔、/5600rpm房発生し、リッター当たり出力は帥PS/2という当時としてはズバ抜けたレベルにあったのである。

ステアリング・システムはリサーキュレーティング・ボール李弐トランスミッションは
ボルシェタイプのサーボ・シンクロ鳶畷えた5連デファレンシャルにはLSD房種繼襄
備し、ブレーキはフロントがディスク、リヤはLT式ドラム、そして撚徹タンクは100
9の容鶴毒崖晦えていた。したがって、トランクを開けると、通冨のラゲッジスペースに大
タイヤを装着○
メーターパネルやコンソールパネルは木白舗で、ステアリングホイールやシフトノプは
木副琵そしてスピードメーターは240町/hまで、タコメーターは1万rpmまで刻ま
れ7500rpmからレッドゾーンになっていた。

EC061_L